ブログ

Blog

福岡市の宿泊事業者支援①【2021.1.14現在】

福岡市の宿泊事業者支援①【2021.1.14現在】

福岡市の宿泊事業者向けの支援がいくつか出ていましたが、締め切り間近となった支援事業をご紹介します。

弊所でも申請実績がありますので、まだ迷われている方はすぐにご相談ください。

「福岡市宿泊事業者受入環境充実支援補助金」

【概要】

○宿泊施設が取り組む受入環境充実事業
(1)宿泊・会食における安全安心確保に要する費用 
  【対象経費の例】サーマルカメラ、検温・手指消毒機器、空気清浄機、サーキュレーター、飛沫防止アクリル板、アクリルフードカバー、トングなど
 (2)利便性向上や災害対応強化に要する費用 
  【対象経費の例】多言語ウェブサイト制作・更新、AI翻訳機器、非常用電源装置、(非常用)携帯電話充電装置、非常用浄水(濾過)装置など

 ※対象費目は本体購入費、設置工賃、リース料、レンタル料など
 ※補助金の交付決定の日から令和3年1月31日(日曜日)までに実施・完了した事業が対象
 ※各種ポイントを使用して商品を購入された場合は、ポイント相当金額を差し引いた額が補助対象額となりますのでご注意ください。

福岡市HPより

主に①宿泊施設の安全確保に関する費用 ②利便性向上や災害対応強化に関する費用の2つになります。

【メリット】

①宿泊施設の安全確保に関する費用

例えばホテルのようなフロント設置があり人が通過するスペースには体温が自動で測れる機器があると便利ですし、宿泊者もスタッフも安心して過ごせますね。(スポーツジムや病院などでみかけます)

民泊のような小規模施設の場合でも、空気清浄機、消毒液などはお部屋のアップグレードにもつながりこの機会に購入されても良いアピールにつながると思います(乾燥を防ぐ空気清浄機などはコロナ関係なく欲しいですよね)

②利便性向上や災害対応強化に要する費用

大手ホテルは別ですが、最近開業された民泊施設などは自社宿泊施設の予約ページが日本語のみという施設は多いのではないでしょうか。Afterコロナを見据えた施策として多言語化を今から準備しておくべきだと思います。昨今ますますOTAの手数料がアップしていますし、地道にSEO上げておくなど差別化のチャンスかと思います。

【補助率】

こちらの支援事業の補助率は「1事業者あたり、補助対象経費の2分の1以内 (補助上限額:30万円)」となっています。

【スケジュール】

【交付申請の受付期間】 ※予算額に達した時点で受付終了
 令和2年11月17日(火曜日)から令和3年1月20日(水曜日)まで

【事業者が補助事業を実施する期間】
 補助金に係る交付申請がなされた日 ~ 令和3年1月31日(日曜日)

この記事を書いている段階でぎりぎりではありますが…。まだ間に合います。

以上 書式も難しくなく、検討されている方はお早めの申請を。

関連記事

お問い合わせ

Contact

悩むよりまずは気軽に話してみませんか?
お仕事として依頼するかどうかは、ご相談の後にお決めいただいて結構です。

お問い合わせ・面談予約
ご相談の流れ

みらい行政書士事務所

福岡県福岡市博多区祇園町6-26 805号室
050-5526-9169
営業時間:10:00-18:00
定休日:土日・祝日
ご相談は予約制です(営業時間外は要ご相談)

最新の情報はこちらから